幸福が飛んでくる花

幸福が飛んでくる花

幸福が飛んでくる花

行きつけのフレンチレストランのシェフが独立してお店を開業されることになりました。

 

とても人気のシェフで、常連さんも多かったのですが、その中の仲良し5人組で何か開店祝いをプレゼントしようと決めました。

 

オブジェとか絵画とかいろいろ話し合いましたが、やはり開店祝いにはお花でしょってことでまとまり、大きなお花屋に出向きました。切花のカゴ盛りなどたくさんお花を見る中で、やっぱり胡蝶蘭の鉢は上品さや美しさが群をぬいているように見えたんです。

 

胡蝶蘭はとても高価なイメージがあって、眺めるだけにしてました。でもよく見ると種類もお値段もさまざまでどうやら私たちにも無理なく購入できるランクのお花も見つかりました。

 

3本立ちの花茎に白くて丸いやさしい花弁がいっぱいついたバランスのいい鉢に決めました。

 

お値段だと見た目の美しさはもちろんだけど、いちばんの決め手は、お店の社長さんが話してくれた胡蝶蘭の花言葉でした。

 

それは「幸せが飛んでくる」というもの。

 

蝶が羽根を広げて華麗にとぶ様に似ているから胡蝶蘭って名前がついたのだとも教えてもらいました。

 

これから新しい自分のお店をオープンするシェフにとって「幸せがいっぱい飛んでくるように」「お客さんがいっぱいやってくるように」って思いをこめて胡蝶蘭にしたんです。

 

OPEN当日、みんなで食事にいったら、いい場所に飾ってくださっててとても喜んでいただきました。

 

こんな素敵な花言葉をもつ胡蝶蘭ですから、開店祝いだけでなく、新築とか結婚とか、お誕生祝い、還暦とか喜寿なんかに贈ってもいいなって思いました。

 

私ももうすぐ誕生日なので誰かプレゼントしてくれないかなぁ〜なんてひそかに期待しています。


ホーム サイトマップ